• 写楽堂

カメラマンの選び方

どうやってカメラマンを選んでいますか? 金額?クオリティ?相性? いやいや、それだけで選ぶとえらいこっちゃ~~~ってことに




1、使用機材を聞け!

近年、デジタル化が進み簡単にプロカメラマンと名乗る人が増えてきました。

作例を見ればどのレベルかそりゃ判りますが、プロが使うプロ機材はちゃんと理由があるんです。 綺麗な写真を撮るのは当たり前なんです。プロですから・・・ カメラにはシャッター耐用回数ってあるんです。 車で言う走行距離ですね。

もし、あなたが結婚式当日メンテナンスを全くしていない走行距離30万キロの車でいきますか? リスク多くない? カメラも一緒!シャッター耐用回数がとうに過ぎていたり、限界間近のカメラで撮影されるの怖くないですか?しかも、その一瞬はもう戻ってきませんよ? プロは自分のシャッター回数を大体把握していますし、メンテナンスもきちんとしています (私は)想定できるトラブルを事前に排除しているんです。 シャッター耐用回数も知らないカメラマンは止めときましょう・・・ SDカードCFカードも拘っているか? AMAZONでかったら偽物届きました(AMAZONが交換してくれましたが・・・) 冬は得にデータ破損が起こり易いんです、そう静電気です。 全部飛んでしまったら・・・賠償問題です 怖っっっ! 破損なら一部かもしれませんがそれでも飛んだデータは戻ってきません。 だから、リスク分散・リスク管理をする為に2スロット機

つまり、2枚の記録メディアに同時記録できるカメラが必要なんです

それが、プロ機なんです!

目安は本体20万以上していればOKですね。 機種聞いて価格コムで調べましょう カメラメーカーもSDカードや、CFカードの推奨銘柄を公表しているんです。 CANONならSanDiskですね。レキサーもOKです カメラと記録メディアの相性を知らないカメラマンは・・・ですよ。


お客様の目の届かない所でも手を抜かずコストかけているんですよ~~。 安心してください。履いてますよじゃないけど

リスクを事前に排除する

そんなカメラマンと出会えたらいいですね~~。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン